自由記述欄公開!トビタテ留学JAPAN!に合格するまでにしたこと。

どうも寛治(@kanjicuu)です〜。

先日、「トビタテ!留学JAPAN」となるものに合格しました。

やった〜(・ゝ・)

 

どんなものかというと、

「自分メイドの留学プログラムを全力で(特に金銭面で)応援してくれる」

というものです。

自分が知ってる限りでは、一番手厚い援助をしてくれる奨学金制度です。

そして、留学に対する事前研修やアフターケアもめちゃくちゃしてくれます。

 

そんなトビタテ留学JAPANですが、こんなにもいい待遇なわけです。全国から強者たちがごっそり応募してきます。本当にしっかりとした準備や自分を本気で見つめ直す時間を取らないと、受かりません・・・。

 

今回は、自分がトビタテに合格するまでに何をやってきたかまとめます。

少しでも、トビタテを今後受けてみよう!という方々に対してお役に立てればこれ以上の喜びはないっす!!!

 

Sponsored Link

もっと詳しく! トビタテ!留学JAPANとは?

「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」は、2014年からスタートした官民協働で取り組む海外留学支援制度です。

2020年までの7年間で約1万人の高校生、大学生を「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」の派遣留学生として送り出す計画です。
派遣留学生は支援企業と共にグローバル人材コミュニティを形成し”産業界を中心に社会で求められる人材”、”世界で、又は世界を視野に入れて活躍できる人材”へと育成されます。

帰国後は海外体験の魅力を伝えるエヴァンジェリスト(伝道師)として日本全体の留学機運を高めることに貢献することが期待されています。

うむ、もう少しまとめると、

「トビタテ!留学JAPAN」とは政府だけでなく、官民協働のもと社会総掛かりで取り組む「留学促進キャンペーン」です。

だそうです。

グローバル化が急速に進んでいる現在、官民協働で「グローバル人材育成コミュティ」を形成し、将来世界で活躍できるグローバル人材を育成しよう!って感じです。

お堅いですが、、学生に留学に行って欲しいとお国が思っているようです。

 

トビタテが学生に求めるもの

  • 支援企業と共にグローバル人材コミュニティを形成し“産業界を中心に社会で求められる人材”、“世界で、又は世界を視野に入れて活躍できる人材”として育成されること。
  • 帰国後は海外体験の魅力を伝えるエヴァンジェリスト(伝道師)として日本全体の留学機運を高めることに貢献すること。

簡単にいうと以上の二つ。

 

意識たけー・・・(・ゝ・) でもめげずにいきましょう。

 

 

トビタテに合格したらどうなるのか

①多様な活動を支援、そして留学プランを自分で設計

交換留学など単位取得を前提としたアカデミックな留学だけでなく、インターンシップやボランティア、フィールドワークなど、学校に行かない多様な活動を支援します。

学生が自ら定めた明確な目標実現のために「実践活動」が含まれる留学計画を28日間から2年以内で自由に組み立てることができます。

みなさんいろんなことやられています。

インターンに行くもよし、研究するもよし、展示会開いてもよし、現地で図書館作ってもよし。

 

②留学事前事後研修が充実、またグローバル人材育成コミュニティに参加できる

将来の日本に求められる資質や能力を伸ばすため、各界のリーダーによる指導が受けられます。

全国から選ばれた歴代の派遣留学生や支援企業の方々と交流する機会のある「トビタテ!留学JAPAN」独自のコミュニティに参加できます。

 

③手厚い支援

手厚い奨学金が給付されます。返金の必要はありません。

留学ってお金かかるんですよね・・・。何をするのもやっぱりお金はかかるので、せっかく留学に行ったのにお金がなくてやりたいことができなかったらやっぱり悲しいです。

 

しかし、トビタテに受かると!

  • 先進国だと月16万円
  • 発展途上国だと月12万円

の援助が受けられ、なんと返済の必要なし

 

こんなに手厚い制度はないでしょう・・・。

 

 

トビタテの採用とは?

二段階あります。

  1. 留学計画書による書面審査
  2. 個人面接が30分、グループ面接が約1時間の面接審査

の二つです。

 

特に一次の書類審査がこれはまあ大変です・・・。相当計画を練ってすごく具体的に書かないといけません。

 

やっと本題ですが

自分が一次審査、二次審査までに実際にやったことをまとめます〜

2016年の9月末が一次書類の締め切りで、2017年1月上旬が二次審査でした。以下の本格的な準備を始めたのは、8月ごろです。

 

トビタテ一次審査(書類審査)に向けて

①まずは海外留学室へ!

まずは情報を集めにいきましょう!もちろんHP(トビタテ公式はこちら)やいろんな体験談サイトから調べるのも大事です。

でもとりあえず、海外留学室に行って、留学に関してプロフェッショナルな先生方からお話を聞くのは必須です

 

留学に行くのはどの時期がベストなのか、実際に留学に行くとなると自分のやりたいことをやるのはどの国のどの大学がいいのかなど親身に相談に乗ってくれます。

そして、トビタテに出したいと思うなら、その意志を早く伝えましょう!

そしたら先生方も、あの子はトビタテ目指すんだなっていう方向で助けてくれます。

 

②何をしたいのかじっくり考える。

自分は何がしたいのか、何になりたいのか、そのためには何が必要なのか、なんで留学がそのために必要なのか・・・というのをひたすら考えます。

答えばパッと出る人はいいんですが、なかなか難しいですよね。

時間をかけて、じっくり考えましょう。辛くなったら留学室に行って先生に相談に乗ってもらうのがオススメです。

(自分も何回お世話になったことか・・・。)

 

当然ながら、英語喋れるようになりたいっす!!!でいったら確実に落ちます(笑)

でも英語のみならず言語は当然必要ですが。

あと公式サイトにて申し込みをするのを忘れずに。

 

Sponsored Link

 

③一次審査に向けて書類を書く

まだ一次審査の書類内容が発表されていなかったら、留学室の先生から何を書くのか聞きましょう。

発表されていたら、早速内容を確認し、書き始めましょう!

 

ちなみに自分の時の内容は・・・、

  • 実践活動について(1000字)
  • 申請コース選択の理由(255字)
  • 学修の成果及びその測定方法(400字)
  • 期待できる学修・実践活動の成果の活用(500字)
  • 留学計画の実現のための取組(500字)

そして。。。ラスボス

自由記述欄!!!(A4 2枚)

でした。(そのほかにも細かいのがちょこちょこあります。)

これは本当にしんどいです。はい。

できるだけ早く手をつけて考えて書くことをお勧めします。

 

④トビタテ受かった方に連絡を取ること

留学計画、そして上記の書類を一人で抱え込んで仕上げるのは、かなりきついです。

そんな時は、トビタテ生に連絡をとり、相談に乗ってもらったり、書類をどう書いたか素直に聞きましょう!

 

自分は幸運にも、大学の先輩や同期に何人かトビタテ生がいて、たくさん助けてもらいました。

もし周りにいなかったら、留学室の先生に相談してもらうか、また留学codeっていうサービスがあり、無料でトビタテ生に相談できます。(確かトビタテ生が作ったのかと思います。)

また、twitterとかで「トビタテ」って検索して、トビタテ生探して、相談するのもいいと思います。

 

なんとかして、トビタテ生と繋がって、ご意見をいただきましょう・・・!

 

⑤何回も添削してもらう

苦労して、苦労して、書類をなんとか書きあげて・・・

そしたら、未完成でも、ボロボロでもいいですから、留学室の先生や、トビタテ生に見てもらいましょう。

フィードバックをもらったら修正。また見せて、フィードバックもらって、修正。また見せて、フィード・・・

 

これを締め切りまで繰り返しましょう!!!

きっと提出する頃には素晴らしい書類になっているはずです。妥協せず、取り組みましょう!全ては最高の留学にするため・・・!

 

 

参考までに自分の自由記述欄載せます(・ゝ・)

自由記述欄の苦労を知っている分、少しでも役立てれば嬉しいっす(・ゝ・)

 

 

トビタテ二次審査(面接)に向けて

無事一次書類を通ったとしましょう!おめでとうございます!

そしたら、今度は面接に向けての準備です!

 

⑥武器を準備する

面接は、企業の人事部の方との一対一での面接が30分(実際20分くらいだったような・・・?)、そのあとにグループディスカッション(各自の留学計画を3、4分くらいで発表、その後グループで課題に取り組む)があります。

そして、みんななんか各々武器を持って出陣してきます。

例えば、柔道着着てきたり、大きな装置持ってきたり、留学計画を分かりやすく示した手作り工作を持ってきたり、様々です。

 

負けてられね!!!っと思い、自分はこんなのを準備して臨みました。

 

①首からサックスを下げて

②右手には、留学内容を簡単に示したスケッチブック

③左手には、音をリアルタイムに解析して可視化するプログラムを動かしたパソコン

 

イメージ図↓

千手観音もびっくりなほどに武器を装備していきました。

 

⑦いざ!二次面接!明るく熱く語りましょう!

明るく楽しく熱く語りましょう!

初めの人事部の方との面接は、楽しく終わりましたね。面接官の方が面白くて優しい方で終始笑顔で話してました。

しっかりアピールするところはアピールするのを忘れずに!

 

グループディスカッションの自己紹介では、武器を披露する時です。堂々と説明しましょう!

あと、しっかりグループメンバーの話を聞くこと!これすごい大事かと思います!

 

 

Sponsored Link

留学に行きたいって人はトビタテに出してみよう

ざっとトビタテについてまとめました。

一次書類は大変ですが、これをやると自分の振り返りにもなりますし、交換留学で行こうと考えてる人は、学内選考はだいぶ楽になるはずです。トビタテの方が相当重いので!

 

少しでも参考になれば嬉しいです!

では頑張ってください!!!

フォローお願いします!

おすすめ記事