ブログで発信すると巡り巡って人生面白くなると確信したので、始めます。

はじめまして寛治です。

真面目な自己紹介
カジュアルな自己紹介(後日更新予定)

ブログへの興味

ブログに興味を持ったのは去年の春頃。
きっかけは、八木仁平さんがやれらているやぎろぐを、たまたま見たときでした。

自分のことを発信して、そしてやりたいことをやって自由に生活しているのを見て、こんな生き方あるんだ〜って痛感したし、自分が目指す一つのモデルなんじゃないかなと感じました。

ブログの力は想像以上にすごかった。。

ここ半年間でたくさんのブロガーの方々をチェックしていて、やっていること、やりたいとこを発信すると、とんでもないことを成し遂げたり、夢を叶えた人を何人も見てきました。その中で一番驚いたのは、、るってぃさんという方が、Airbnbに特化したブログ「エアログ」、「ここから!」を書かれていて、

「ブログで発信してたら、AirbnbのCEOに会えた」

話を少し紹介したいと思います。

るってぃさん↓

 

Airbnbとは?

Airbnb(エアビーアンドビー)は、宿泊施設・民宿を貸し出す人向けのウェブサイトである。世界192カ国の33,000の都市で80万以上の宿を提供している。

要は民泊サービスです。今世界中で爆発的に広まってるサービスです。

るってぃさんは、Aribnbのためにいくつか物件を扱っていて世界中から来る旅行者に貸し出していました。

そして、ある時「Airbnb使って潰れかけのパン屋を繁盛させてほしい」という依頼を受けます。

↓依頼前のパン屋さん

見事大繁盛に成功。

そしてその噂はAirbnb本社にまで広まり、、、

「明日朝、AirbnbのCEOのジョー・ゲビアがケトルに来ます」というぶっ飛んだ展開になります。

 

↓企業価値3兆円のシリコンバレーを代表する企業のCEOとるってぃさん達

(詳しくは記事をみてください・・・!)

 

おそらく、ブログで日々の活動を書いていなかったらこのようなことは起きなかったと思います。

ブログで発信することで、自分のやりたいことが一気に加速するだな〜って、口だけだと周りのコミュニティーにしか広まりませんが、ブログに書くことで世界中の人たちに広まる可能性があるんだな〜ってしみじみ実感してました。

 

やりたいこと、伝えたいことが明確になってきた。

ブログに興味を持ってから現在まで、学業の傍ら、いやそれ以上に…?、サックス(プロフィール画像に写ってる金色のクネっとしたやつです)を通じていろいろと活動してきました。

その中で、特に自分のターニングポイントとなったのは、小学生の前で「ジャズを体験しよう!」という企画を何回かやらせていただいたこと、中学校の吹奏楽部のみなさんと演奏会を開催したこと。

小学生の元気と好奇心をこれほどか…!とまで見せつけられ、終わったころには、もうこちらはクタクタ。。。ドラムに興味に持ってくれて習いたい!って言ってくれた子やサックスの吹き真似をして学校から帰っていった子達がいたというのを聞いて本当にやってよかったなって思いました。

中学生との演奏会は、自分の中学校とライバル校の吹奏楽部で自分たちと年代が近いメンバーに声をかけ、OBOG演奏会をしたのですが、そこに中学生も入って合同でやりました。大人となっても音楽をやっていたからこそ繋がった関係を間近でみて中学生の皆さんに感じてもらうことは大きかったと思います。

それがものごとを好きになるきっかけの一つで純粋な思いであり、そして、好きになったことに没頭することが人生を面白くしてくれて、極めた結果、人生を面白くしてくれる。

ただ成長して、中学校、高校と上がっていくにつれ、本当は好きではないのにやらないといけないことが増えていき、本人も気付かずにだんだんと好きなことを追わなくなっていく。

自分は、バリバリの理系ですが、サックスが好きで、演奏活動がしたくて、大学生になってからも音大生しか出ないようなコンクールにも挑戦したし、演奏の場を自分で動き出して泥臭く掴んできました。そしたら、応援してくれる方々に出会い、楽器やってなかったら絶対に出会わなかった方々に出会い、たくさんの演奏機会を頂き、そして、自分のやりたいことがだんだんと、ほんとにだんだんと見えてきました。

「自分の好きなことを追ってほしい…!」

 

実現したいこと

以上を踏まえまして、、、

・子どもたちに、好きなことを追っていいんだよ!っていうのを後押したい。
・そして、自分自身が好きなこと、面白いことで楽しく生きること。

が今の自分の目標です。

このブログが後押しとなってくれると思います…!

 

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA